絵(Artwork)・文(Story) LOOTONE






Once upon a time, there lived a beautiful princess in a small forest.
The animals in the forest loved the beautiful princess.
One day the princess realized that her beauty is not forever.
Then she wondered if the animals in the forest would love her the same when
she aged and her beauty wares off…
After a long thought, she decided to lie to the animals in the forest.



昔あるところに 小さな森に住む

美しいお姫さまがいました。

森に住む動物たちは 美しいお姫さまが大好きです。

だけど お姫さまは 自分の美しさが永遠でないことに

気づいていました。

どうすれば自分が老いて醜くなっても 森の動物たちが

ずっと自分のことを好きでいてくれるか・・・

悩み考え抜いたお姫さまは 森の動物たちに

ウソをつくことにしました。





“The air outside the forest is polluted, very dangerous
and no one shall leave the forest. We shall all wear a mask as
this forest will be polluted slowly as well.”
The animals that loved the beautiful princess did not
doubt what the princess said and wore a gas mask.



「森の外は空気が汚染されていて とても危険です。

 森からは 出てはいけません。

 森の中も これから少しづつ

 空気が汚染されていくでしょう・・・。

 汚染された空気を吸わないように

 みんなでガスマスクをつけて 暮らしましょう。」



美しいお姫さまが大好きな森の動物たちは

疑うこともなく ガスマスクをつけて暮らしました。





By wearing a gas mask the princess's beautiful face was covered and her beauty remained
in the animals mind forever.
However, one change of season's day, a white bird flew in from outside of the forest…
The princess was the first one to see the white bird and panicked,
“If the animals saw the white bird that flew in from outside the forest, they will
find out that the air is not polluted…I must kill that white bird…”



ガスマスクをつけたことにより

お姫さまの美しいお顔は見えなくなり

森の動物たちの記憶には

お姫さまの美しいお顔がずっと残ることになりました。

季節が変わるころ 森の外から

一羽の白い小鳥がやってきました。

誰よりも先に その白い小鳥に気づいたお姫さまは

慌てました。



「森の外からやってきた ガスマスクをつけていない

 あの白い小鳥が 動物たちに見つかると

 空気が汚染されていないことがばれてしまう・・・。

 あの白い小鳥を殺さなきゃ・・・。」





The princess went to talk to the white bird one afternoon,
when the rain stopped and the big rainbow appeared in the blue sky.
“Hello, cute little birdy, I welcome you to the forest.
Here is an apple freshly picked from the forest”,
The white bird was very pleased and after thanking the princess, took a bite.



雨がやみ 大きな虹が青空に浮かんだ日

お姫さまは白い小鳥に話しかけました。

「こんにちは かわいい小鳥さん。

 この森に来たことを歓迎するわ。

 この森で取れたおいしいリンゴよ。

 どうぞ召し上がれ。」



喜んだ白い小鳥は お姫さまにお礼をいい

そのリンゴを一口 二口 と食べました。





After a while, the white bird that ate the apple started to struggle in pain,
fell from the tree and died.



しばらくすると リンゴを食べた白い小鳥は もがき苦しみ

木の枝から地面に ぽとり と落ちて死にました。





The apple that the white bird ate was a poisoned apple princess made on rainy day.
The princess hid the apple and gathered the animals.
“See, the air is polluted, never take off the gas mask or else you will die too”, said the princess.
The animals believed that the air was polluted from the look of the dead white bird and lived
with the gas mask ever after with the princess.



白い小鳥が食べたリンゴは

お姫さまが雨の日に作った 毒入りのリンゴでした。

リンゴを隠し お姫さまは 死んだ白い小鳥のそばに

森の動物たちを集めて言いました。



「ほら 空気が汚染されているでしょう。

 ガスマスクをはずすと死んじゃうから

 ガスマスクはつけたままで暮らすのよ。」



死んだ一羽の白い小鳥をみて

本当に空気が汚染されていると思った 森の動物たちは

それからも ずっとガスマスクをつけて

お姫様といっしょに暮らしました。





The season will change again.
And from that year on, the princess hung the poison apples on the trees in the forest.
…to kill the white birds that might fly into the forest.



また 季節が変わります。

白い小鳥が死んだ 次の年から

お姫様が作ったたくさんの毒入りのリンゴが

森の木々の枝に ぶら下がります。



森の外から来る白い小鳥を殺すために・・・。




LOOTONE Artwork 2014 "The White Little Bird"











この創作童話のiPhoneケースがTRESTから発売中です。

《各iPhoneケースの詳細・購入は画像を選択》